肌の乾燥による妊娠線への予防策

melodyflag48 / 2017年11月20日

妊娠中は肌のトラブルが多くなり
その中でも一番肌の乾燥が妊娠線へ繋がりをもたらします。

妊娠線にならないように
肌の乾燥を防ぐ予防策についてです。

妊娠中は肌のターンオーバーの周期が
遅くなるため
自分でケアしていく事が大切です。

お腹が大きくなってから保湿するのではなく
妊娠に気付いた時から始める事です。

妊娠線はお腹だけに出来るわけではないので
全身に保湿する必要があります。

面倒くさいと感じますが
妊娠線を少しでも作らないようにするには
保湿ケアが重要ですので
毎日たくさんの保湿を全身に含ませないといけません。

夜だけのケアで十分だろう
と思うのは大間違いで
朝晩毎日行うことが肝心となります。

妊娠線専用のクリームも数多く販売されていますので
妊娠線に効果がある保湿剤を使うようにした方がいいです。

しかし、クリームだけでは十分な保湿にはならないので
ローションやオイルなどのボディケア専用の保湿剤も
プラスして使うとより保湿力を高め乾燥を防ぎ
妊娠線を作りにくくします。

これを、一日たりとも怠らず
毎日続けていくのも一つの予防策であり
万が一怠ってしまうと
次の日に妊娠線が出来てしまっていた
という事になり兼ねませんので
根気良くボディケアをする事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です